創造性  

神の光に手をかざして
創造力に乗っ取られている姿。

どういうこと?
って感じですが、

「その降りてきた閃きっていうのは
あなたを通して表現されたがっている」んだって。

こんなこと言いたい。
こんなことしたい。
こんなもの作りたい。

インスピレーションは
意味があってあなたの所に降りてきてるんだよ。って。

なんかすごいカードでしょ!(^.^)

要は、
「何か」をすることに
思考であーだこーだ理由を付けて
諦めるんじゃなくて、
「意味があるんだから。
ちょっと神秘的な力を信じてみて?」
ってことなんでしょうね。

背中を押してくれる良いカードです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

創造主(クリエイター) には誰でもなれる。

なにをしようとも、あなたがそれを喜んでやったら、愛にあふれてやったら、

もし、やるというあなたの行動がたんに経済的なものにとどまらなかったら、そうであったら、

それは創造性にあふれている。

誰でもクリエイターになれる。

人はひとりとして同じ人はいません。

まったく新しいもが、この世に存在しているわけではなく、

なにかから創造されて、生まれてくるのだと思います。

同じことをして、同じ結果を出すために化学者たちは研究をしているわけで。

同じものを作るというのはとても大変なことなのだと思います。

そうすると、逆は簡単。

自分オリジナルというのは、自分が創造した時点でできるもの。

創造することを恐れないこと。

喜んで愛に溢れてすること。

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

インナーボイス  

これはそこには「遊び」と「学び」

があることを表すカードです。

おそらくお仕事やお役目を通して

自己発見・自己成長される時期なのだろうと感じます。

左右のイルカは「遊び」と「学び」が

そこにありますよー、というカード。

今は何がワクワクするかを確認したり、

イルカがグルグル回るように経験を

フィードバックさせる時期かなと。

このカードの絵柄が面白い。

上の頭が顏だとしたら、

下は体でインナーボイス!って感じになるし、

下の頭が顏だとしたら、

第三の目にあたるところから顏が

伸びていることになるんですよね。

僕は「目を閉じることで見える世界がある」

ということなのかなと思います。

「内なる声」は遊びに満ちたものでもあります。
感情のなかに深く飛び込み、

そして再び空へと舞い上がるために、
浮かび上がってくるからです。

人生において、

あまりにも多くの声が

僕たちをあっちへこっちへと
引き回しているように

思える時があります。

そうした状況で

僕たちが混乱すること自体が、

沈黙を探し求め、
内側で中心に据わることを

思い出させてくれます。

そうして初めて

僕たちは自分たちの真理を

聞くことができるのです。

Copyright © 2009 Osho International Foundation より一部抜粋

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

存在  

「存在」はたくさんの星が描かれています。

「全部が全部欠けてはならない、それぞれの役割を持っている」というカードです。

バカボンのパパでいう「これでいいのだ」ってやつです。

蓮の葉の上で星空を見上げる女性。

自分の存在・生まれてきた意味を問うています。

カードのメインの意味はリラックスしましょう。

数字も0→1になったところなのでまだ全然始まったところですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなたは偶然の産物ではない。
存在があなたを必要としている。
あなたがいなければ、存在のなかでなにかが見失われ、
代わりをつとめることは誰にもできない。
そのことが、自分がいないと全存在が寂しく思うということが、
あなたに尊厳を与えるのだ。

copyright © 2009

Osho International Foundationより一部抜粋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

愚か者  

学習しないことが、愚か者。

それは信頼関係が成り立っているからこそ。

愚者の精神は究極なのだ。

ピュアで、なにものにも囚われない心。

そんな心をいつしか大人になって忘れてしまいました。

愚者の心。

大事にしたいとおもいます。

思い込みを捨てて
馬鹿になりましょう
というのがこのカード。

楽しくて、
夢中になって、
やりつづけられること。
常識を捨ててガンガンいっちゃいましょー!!

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

WE ARE THE WORLD  

 

虹っていうのは禅タロットでは「本当の自分との懸け橋」。

それは自己実現だったり、自分さえ気づいていない自分が行くべき道に向かっていることをさします。(ハイヤーセルフというやつでしょうか)

その10番なので、とにかくめっちゃいいカード。

地球の回りを虹色の人間が踊っています。
このカードは説明もいらないでしょう。

 

解説書には「人間が地球というマンダラの回りを踊っている」となっていますが、私には人間もマンダラに見えてしまいます。

 

今日は執着や独り占め、他人との優劣を競う気持ちは捨てて「分かち合い」を楽しみましょう。

 

地球上の人間みんなが、こんな風に手を繋げたらいいですね。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

熟すこと  

カードの果実も もう落っこちていますよね。

意味としては、

「もうすぐ果実(喜び・成果)が手元にやってきます」。

 

真っ赤に熟した木の実が落ちる瞬間が描かれています。

 

実は熟すと自然と落ちていきます。
何もする必要はないのです。

 

ただ、その瞬間を迎えれば良いのです。
チャンスがやってきます。

 

リラックスして、その瞬間を受け取りましょう。
そして、この熟した果実のジュースを分かち合いましょう。

 

仕事、関係性、日々の生活体験。
どのような機会でもそれは訪れます。

 

あなたの豊かさを周りの人に分け与えてください。

このカードには三日月が描かれています。

夜明けでしょうか?夕暮れなのでしょうか?

 

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

普通であること   

「このカードは、道草しながら花を摘んだりして最後にはカゴが花でイッパイになりましたということなんですよ」

ハッとしました。

毎日をそんな風に過ごせたらなんて幸せなんだろうかと思っている自分に。

自然の中をゆったりと歩く人物が描かれています。
掃除、庭仕事、食事の支度。
生きていく上でもっとも単純で世俗的な作業にも、
全面的に関わること。
単純に一度に一歩ずつ受け止めて、
この瞬間を生きることを表現しています。

 

今日は立派であろう、賢くあろう、
特別であろうという試みより、
出会う状況への簡単で
自然なアプローチの方が
はるかに良い結果をもたらします。

 

新奇な発明をして評判をとる。
ユニークなスター性で周囲を簡単させる。
そういったことはすべて忘れましょう。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

忍耐   

このカードに描かれている月は歳月の経過を表しています。

カードの意味は「待つことを楽しみましょう」。

結構「待ちましょう」のカードは多いんですけどね。

絵・色・数字、鑑定テーマでニュアンスが変わります。

このカードは「あとは待つしかない」というカード。

 

このカードの女性は、
子供が生まれる時を忍耐強く待っています。

 

月のリズムに合わせて、自らの進路を自然に任せています。

 

完全に受け身ですが、
眠たげでも、無関心でもありません。

 

今はこれからやってくる、
重大な出来事に備える為の神秘のひと時です。

待ちましょう。

 

新しい物を迎えるにふさわしい瞬間まで。

妊婦さんのカードです。綺麗ですね。

 

こうやって描かれると、「忍耐」も素敵なものに感じますね^^

忍耐の先に、素敵なギフトがあるのかもしれません。

楽しみに待ってみましょう。

 

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

妥協   

 

解説書では日本の政治家と

中国の宦官がごっちゃに書かれています。

カードのメインの意味は「妥協せず挑戦しましょう」。

僕の思い込みかもしれないが、

あんまりこのカードって出てこない気がする。

あと絵柄からインスピレーションがわきにくいので、

みんな、このカードのリーディングを嫌うパターンだ。

なぜならば、このカードは『妥協』だから。

妥協するということには、2種類あります。

 

対立を避けるために、お互い、
もしくは片方が譲歩して妥協点を見出す場合。

 

これは政治的、公的な調停においては必要なことです。
個人的な自分の核、信念を曲げて、他者に阿り屈服する妥協。

 

解説を見ると、
このカードはこちらに対してのメッセージとなっています。
妥協して良いことはありません。
後味が苦いでしょう。ということです。

 

あなたの真実とはなんですか?
これだけは譲れないという信念がありますか?

 

自分の「核」がはっきりしていなければ、自分が妥協しようとしているのかが、わからないのではないかと思ってしまいました。

 

しかし、その部分が定まっていれば、他の部分で妥協することは怖いことではないのかもしれません。

 

何かで妥協しようとする時、
その質をよく見極めることが必要です。

 

譲ってはならない自分の真実、
あなたの核に対して目隠しして
妥協してしまわないように気をつけましょう。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

アウトサイダー   

 

”向こう側”に行けず扉の前で立ち止まっている子ども。

錠がかかっているから行けないのでしょうか?

いいえ。よ~くみると錠の鍵は開いてるんですね。

意味は、本当は行けるのに行こうとしていないこと、やりたいのにやろうとしていないことはありませんか?

 

幼い子供が門の前にいます。
向こうには虹色の空間があるようです。
この子は「取り残された」
或いは「閉めだされた」
と信じこんでいます。
門にかかる南京錠をよく見て下さい。
鍵は開いているのです。
ただ門を開けて行けばいいだけなのですが、
幼すぎて気が付けないのです。

 

幼い子供時代は過ぎたのに、
こんな風に感じるのは、
幼年期の体験、感覚の繰り返しかもしれません。
「自分は受け容れられるには充分ではない」
という思い込みで自分を苦しめることをやめましょう。

 

このカードの解説は
幼児体験に基づいたこととされていますが、
リーディングで出た時は、
やりたいこと、
やるべきことに対して自分がストッパーに
なっている場合も多いようです。

 

門の向こうの世界に行くことは怖いですか。
リスクを恐れて留まっているのでしょうか。
そこにいたら、いつまでも望むものは得られません。
ずっとそうやって眺めているのですか。
門を開けて、なりたい自分になるための一歩を
踏み出して行きましょう。

 

「自己評価が低いのは子供時代のことがあるんだろう」
と話をしていたところでした。(笑)

 

気がついたなら、
この感覚のリプレイをやめることもできるはず。
もう大人なのですもの。
誰も私やあなたを取り残すことも、
閉め出すこともしません。
この感覚は思い込みなのだと気が付きましょう。
一度きりの人生を、
目に見えないものに
縛られたまま終わるのはやめましょうね。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792