伊藤ヒロ ヒストリー6

シータヒーリングは、自分の思い込みを見つけ、

その思い込みを無くし、

自分にとって最高最善の状態になっていく過程に驚いたからだ。

 

 

例えば僕は以前、

「早くしないと、自分だけ残されて、だれもいなくなる。」

という思い込みから「トマト事件」を思い出したことがあった。

そのトマト事件とは、、僕はトマトが大嫌いだった小学校の時の話で、

僕は小学校の給食で、いつもトマトを残して食べずに、家に持ち帰っていた。

ある日トマトを残してこっそり家に持ち帰ろうとすると、

誰かが、先生に

「あっ!トマト食べずに持つてかえろうとしてる!!」

と、先生に伝えられて、先生は、授業後、残って食べてから帰りなさい!!!

と言い、授業後、何人か持って帰ろうとしたトマト嫌いな人は残った。

3人もトマト嫌いな人がいた。

 

 

僕は絶対に食べようとしなかった。

他の2人はなんとか1時間ぐらいかけて、

トマトを食べてから帰ってしまったが、

僕だけ、食べる事ができずにその後も教室に残った。

17時は過ぎていただろう。時間をかければ食べずに帰れる・・。

ふと、トマトとにらめっこをしていると、

父が先生に呼び出されて僕を迎えに来た。

父は「おまえ!トマト食べんかったら家に入れんぞ!!!」

と鬼のような形相で僕に言った。

先生は父に「伊藤君がトマトを食べるようにしてください!」と言った。

父は先生に「いつも食べるように言ってるんですがねぇ~」

父は僕の味方もせず、

まるで僕を犯罪者のように扱った。

悔しかった。泣きたかった。叫びたかった。

 

 

そんな思いを二度としたくないから

僕は誰よりも物事を素早くしないといけないし、

早くしないと自分だけ残されて、だれもいなくなる

と自分で自分に思い込みを作ってしまった。

僕の思い込みは、

・遅いことはだれにもできる。

・ゆっくりしていても時間がたてば許される。

・だれよりもスピーディーだとかっこいい。

・遅いと怒られる 。

・早く物事を済ませないと取り残される。

・いつも時間がない 。

・トマトは嫌いだ。

 

 

シータがすごいのはここからだ!!!

この思い込みをシータで置き換えてみた。

シータにより、この思い込みをすっかり、なくしてくれたのだ。

この書き換えにより、体力的にも余裕を持てるようになり、

実際にも、物事が早くても遅くてもスムーズに回るようになった。

ちなみに今はトマト大好きです。

今までの思い込みはなんだったんだろう???と思うくらい、

思考を変換してくれる、

シータヒーリングは本当にすごいと思った瞬間だった。

 

つづく。。。

 

 

 

7/14・15・16 シータヒーリング基礎セミナー

https://www.reservestock.jp/events/258813

 

ハートクリエイション今後の予定はこちらです。

 

6/1・2・3 伊藤マナ・高野山リトリート

 

期間・日程限定の伊藤ヒロ個人セッション