流れと共に行く  9/100

水は、変幻自在に形を変えることができます。

が、下へ行く。

エゴがないんですね。

私は以前勤めていた会社の女社長から、

「己のエゴ」について、かなりきつく言われたことがあります。

それは10年以上も前のことですが、いまだに心に深く残っています。

当時は、ガツンときましたが、今となってはそこまで言ってもらえて、

良かったと思っています。

エゴは、なかなか自分では気づきづらいもの。

時には流されることが必要です。

このカードの人物は水の中で完全に寛ぎ、楽にして水の流れに任せています。

 

怠惰になったり眠くなったりすることなく、ただ受容的に生の流れに身をゆだねています。

 

流れに逆らわず信頼していれば、この流れは望むところに連れて行ってくれます。

 

あらゆることは、あるべきように起きています。

 

信頼して、流れとともに行きましょう。

 

————————————-
ただ受容的に行くというのは、心配かもしれません。

 

今の時代、誰もが「自分のやりたいことをやろう」と言います。

 

「やらないで後悔するより、チャレンジして後悔!」そういう生き方をしようと唱える人が多いです。

 

しかし、流れに逆らって、自分の行きたい方角に執着し、

 

周囲を巻き込むようなことになってしまったら、果たしてうまくいくでしょうか。

 

情熱を捨てろと言っているのではありません。

 

物事にはタイミングというのがあります。

 

リラックスして「流とともに行く」のは「流される」のとは違うでしょう。

 

川が分岐したり、大きな流れに合流する瞬間をきちんと見ているのです。

 

きちんと見ていて、その流の中で浮かび、無理なくその瞬間と方向を選び取っていくのです。

 

劇的な転身をしたり、大変な努力もしていないように見えて、望む方向へ進んでいく人がいます。

 

そういう人は情熱をうちに秘めて、生の流れをちゃんと見ているので、無理がなく見えるのでしょう。

 

やりたいことを声高に叫び、ただ突っ走るのは子供でも出来ることです。

 

自然に無理なく望みを手にする方が、ずっと円滑で大人らしい振る舞いでしょう。

 

リラックスして流れを感じていましょう。

 

 

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792