名古屋の桃の節句

3月1日にその『押しもの』を

みなさんと一緒に作りたいと思います。

『押しもの』とは、

愛知県(尾張・三河とも)で、

桃の節句(3月3日)に供えられるお菓子の一種のことを言います。

 

僕は10年前まで父が経営してました、お菓子屋で毎年3月3日に

この押しものを作り、たくさん販売していました。

 

しかし、今ではこの押しもののことを

知らない人が多い時代となりましたし、

現在でも、桃の節句ごろに

名古屋市内の和菓子店やスーパー等で売られていますが、

自宅で作る人はだんだん減ってきています。

 

この押しものは、

雛壇の下の方において、

女の子がいらっしゃるご家庭では、

お団子や草餅などと一緒に飾ります。

 

飾ることによって、良縁に恵まれ、

何も不安なく、お嫁に

行ける。。。と言われています。

 

僕は父の店をやめる時にこの

「押しもの」を作る、

『木型』を父から渡され、

「いつか作る機会があれば作れよ」

と父に言われていました。

一昨年も作りましたが、

今年もみなさんとこの押しものを

一緒に作りたいと思います。

 

作り方は、すごくシンプルですし、誰にでも出来て、簡単です。

材料は米粉と水のみです。

米粉を練ったものを着色し、型に入れ、蒸し器で蒸した後、

味がついていないので、醤油、味噌、おろし大根を付けたり、

焼いて食べたりします。

これがまた色々と味が楽しめることができます。

 

 

本当に素朴な味です。醤油を付けるとみたらし団子っぽい味といえば、

他の地方の方にもご理解いただけるでしょうか。

大根おろしと醤油で食べると超おいしいですよ〜(^ ^)

他の食べ方は、ちょっと炙って、

みたらし団子のたれをつけて食べたり。。

 

初めて作る人にとっては、色をつけたり、型に入れて型取りすることが

とっても楽しい作業なので、きっと良い思い出になると思います。

 

 

昔ながらの木型は、今ではなかなか使うことができませんので、

是非この機会に体験し、一緒に楽しみましょう!

お申し込みは下記からお願いします。

3月1日

簡単に作れて楽しむことができる、

桃の節句に食べる『押しもの』作り

 

 

 

 

4月27日〜29日の3日間

OSHO禅タロット講座付き デトックス・ファスティング合宿

 

5月31日〜6月2日の3日間

伊藤マナ・高野山リトリート

 

3月1日

簡単に作れて楽しむことができる、桃の節句に食べる『押しもの』作り

 

2/20と3/21

クリスタルボウルサウンドセラピー

 

2/22 オキシトシンカンタービレ

 

 

☆.。.:・゜全ての人に感謝をこめて☆.。.:・゜☆
HP:http://www.life-sift.org/
イベント:http://goo.gl/WypxQ5