僕がシータヒーリングがすごい!と思った事。 

2010年にある食事をした時にトマトが食卓の上にあり、

昔の事を思い出した事をシェアしたいと思います。

それが、

僕にとっての

『トマト事件』

なのだ

トマト事件とは、、

僕はトマトが大嫌いだった

小学校の時の話で、

僕は小学校の給食で、

いつもトマトを残して食べずに、

家に持ち帰っていた。

持って帰るということは、

ランドセルの中に入れて

帰った頃には、

トマトがランドセルの中で

ぐちゃぐちゃになり、

教科書やノートは、

トマトだらけ。

いつも夏すぎると

教科書やノートは

赤いシミのついた、

教科書やノートで、

授業を受けていた。

ある日トマトを残してこっそり家に持ち帰ろうとすると、

誰かが、先生に

「あっ!トマト食べずに持つてかえろうとしてる!!」

と、先生に伝えられて、

先生は、授業後、

『残って食べてから帰りなさい!!!』

と言い、授業後に

何人か持って帰ろうとした

トマト嫌いな人は残った。

3人もトマト嫌いな人がいた。

僕は絶対に食べようとしなかった。

他の2人はなんとか1時間ぐらいかけて、

トマトを食べてから帰ってしまったが、

僕だけ、食べる事ができずにその後も教室に残った。

17時は過ぎていただろう。

時間をかければ食べずに帰れる・・。

ふと、トマトとにらめっこをしていると、

父が先生に呼び出されて僕を迎えに来た。

父は「おまえ!トマト食べんかったら家に入れんぞ!!!」

と鬼のような形相で僕に言った。

先生は父に

「伊藤君がトマトを食べるようにしてください!」

と言った。

父は先生に

「いつも食べるように言ってるんですがねぇ~」

父は僕の味方もせず、

まるで僕を犯罪者のように扱った。

悔しかった。

泣きたかった。

叫びたかった。

そんな思いを二度としたくないから

僕は誰よりも物事を素早くしないといけないし、

早くしないと自分だけ残されて、だれもいなくなる

と自分で自分に思い込みを作ってしまった。

僕の思い込みは、

・遅いことはだれにもできる。

・ゆっくりしていても時間がたてば許される。

・だれよりもスピーディーだとかっこいい。

・遅いと怒られる 。

・早く物事を済ませないと取り残される。

・いつも時間がない 。

・トマトは嫌いだ。

シータヒーリングがすごいのは

ここからだ!!!

この思い込みをシータで置き換えてみた。

シータにより、

この思い込みをすっかり、

なくしてくれたのだ。

この書き換えにより、

体力的にも余裕を持てるようになり、

実際にも、物事が早くても遅くても

スムーズに回るようになった。

ちなみに今はトマト大好きです。

今までの思い込みはなんだったんだろう???

と思うくらい、

思考を変換してくれる、

シータヒーリングは本当にすごいと思った瞬間だった。

シータヒーリングでは

他にも色々な経験をされている方が続出中です。

まじ、面白いし、やってみなければわからない事もあるが

とにかく、基礎、応用を受講すると概要が見えてくる。

人には色々な思い込みがあるが、

どんなプロセスでもいいから

自分に必要のない思い込み

はどんどん外していくと、

豊かさも自然と引き寄ってくるし、

幸せも向こうからやって来る。

そんな人が世界中に溢れるようになったら

どれだけ世界平和になるか。。。

考えただけでワクワクするし、

僕のお役が楽しみでならない!!!

シータヒーリング基礎セミナー

https://www.reservestock.jp/events/213167
12・23・24・25の3日間

僕と一緒に楽しみましょう!

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792