お金を準備する。

「好きなこと、やりたいことをしたいけどお金がない」
「豊かさを増やしたいけど、実際のところお金がない」

というのは、

「本当にお金を作ろうとまでは思っていない」

のかもしれません。

「お金があればいろんなことができる」

そう思うなら、
お金がないと思っている今、
その「いろんなこと」を今からやってみるといいです。

「絶対にそれをやる」と決め、
そのために必要なお金を作っていくプロセスを経験する。

働いて稼ぐ
何かを売って稼ぐ
サービスを提供して稼ぐ
クラウドファンディングをする
定期預金を崩してお金を出す
親や兄弟から借りる
銀行から借りる
友人から借りる
もらう

そのお金を準備するためにそれらに取り組む過程で、
自分が持っている豊かさに気づきます。

そのときに必要な答えは

あり得ないと思っていたこと

だったりすることが往々にしてあります。

そうやってお金を準備できたときに初めて
それまでのあり得ないが「アリなもの」となり、
自分の豊かさのベースがアップしているものですから。

ちなみに、今回自分で生み出すことができたなら、
次は人に頼るための試練が訪れることもあります。

「自力」と「他力」

人生は両方を学ぶ機会に溢れています。

とは言っている僕も、
まだまだやりたいことややってみたいことあります。

思い切ってチャレンジし、
自分の豊かさレベルをあげ、みんなと共に
たくさんの豊かさを味わっていきたいですね(^^)

 

 

 

 

ハートクリエイション今後の予定です。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

6/1・2・3 伊藤マナ・高野山リトリート

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28212

自分のやりたいこと、楽しいことは何でしょうか?

僕たちの意識というのは
「方向性」を持っています。

その「方向性」が分散していると
一つ一つに向けるエネルギーが小さくなり、
「方向性」が一点に集中すると、
一つに向けるエネルギーが大きくなります。

なかなか人生が前に進まない人は、
そのエネルギーが分散していることが多いです。

どんな部分に分散するかというと、

・やっておいた方がいい得なこと
・心配事
・自分に合っていないこと
・保留事項

そういったことを意識するあまり、
本当にやりたいことや楽しいことに費やすエネルギーが
小さくなってしまっていることが多いです。

逆に人生の展開が早い人は、
エネルギーをあるところに集中させます。

どこに集中させるかと言うと、

・やりたいこと
・楽しいこと

です。

それ以外のことは思い切ってやめて、
この部分にエネルギーを集中させる。

だから結果が出やすくなりますし、
楽しいことがどんどん増えていくようになります。

人生に楽しいことを増やすには、
楽しいことにエネルギーを集中させ、
そうでないことは思い切ってやめること。

あなたがやりたいこと、楽しいことは何でしょうか?

思い切ってそこに意識を集中していくと
様々なシンクロがやってきて、
人生の展開が早くなっていきます(^_-)-☆

「楽しい」を中心とした素敵な週末をお過ごしください。

夢実現をするために(4)

2011年3月11日

東日本大震災は起こった。

 

僕はこの時、物流センターでアルバイトをしていた。

名古屋での揺れはただの地震ではないと思った。

数分後には東北に大津波がやってきた事を知った。

 

夜には自宅に帰ったのだが、

うちにはテレビがないので、

パソコンで、ニュースで地震の様子を動画で見たのだった。

こんなことがこの世の中で起きるのか!

いてもたってもいられない心境だった。

 

『今すぐにでも東北へ行って、

なにか僕に出来ることがあったらボランティアに行こう』と

スコップと着替えを用意して、

出発しようとしたのだが、

一足早く僕の友達が

石巻のボランティアセンターに東北入りをしていて、

聞く話によると、

『今はボランティアがたくさん居て、今は来ない方がいいよ。

必ずヒロさんたちの音が必要な時が来るから、そのときまで待ってて』と。

 

僕はいったん落ち着いて考えた。

『そっか。必ず音が必要な時がくるんだ』と思い、

すぐに行かず、とにかく、毎日東北の被災者の方々に対し

心からお祈りをしたのだった

4月5月にアルバイトも休んで行こうと思っていた、

ボランティアをいったんやめて、

行く準備だけはして、その時を待った。

 

そうしたら、タイミングってこんなにばっちり合うのかと思ったぐらい、

行くタイミングがやってきたのだった。

 

6月の下旬、僕が務めていたアルバイト先からの宣告で、

全員解雇になったのだった。

 

普通であれば働く先が無くなれば、

落ち込むところですが。。。

 

そんなタイミングと、僕の心の師匠岡部明美さんから

東北へボランティアに行こうというお誘いもあり、

すべてが整い、クリスタルボウルを積み、

パートナーと共に東北へ向かったのだった。

 

ハートクリエイション今後の予定です。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

五感を磨くファスティング合宿 (半断食)4/20・21・22
https://www.reservestock.jp/page/event_series/28214

 

6/1・2・3 伊藤マナ・高野山リトリート

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28212

夢実現をするために(3)

僕はクリスタルボウルは音楽を超えた楽器だと思っています。

波動、メロディー、音、リズム、癒し、体感すべてが

このクリスタルボウルには備わっていると思います。

 

僕がクリスタルボウルの演奏を始めたのは2010年ごろ。

ちょうど、このころは実家のお菓子屋をたたみ、

何をしたらいいのかもわからない状況の中、

途方にくれて何か変わりたいという思いで

岡部明美さんの

カウンセラーセラピスト養成講座の事務局をしていた頃から

本格的に演奏に携わっていきました。

http://okabeakemi.com/

 

クリスタルボウルは元々、

パートナーが2006年ごろから演奏をしていたので、

見様見まねで片付けやスタンバイやセッティングをしていました。

 

セッティングをすれば、

自然と音を鳴らしたくなるんですよね。

で、その当時はパートナーが

7個のボウルを購入し、

持っていたのですが、

音が和音でもなく

ただただクリスタルのエネルギーを、

感じるだけのような音でした。

 

今思えば、よくあの音で演奏してたなと思いますけどね。

当時は『こんな音なんだ』と解釈をしていて、

クリスタルボウルとは、エネルギーを受け取る

『ヒーリングのツール』と思っていました。

 

ここでぼくの音へのこだわりが始まったのです。

「もっと聞いててもこごちの良い、音を揃えたら、もっと聞きたくなるよな。」

 

なので、思い切って、今までも持っていたボウルを売り、

新しいボウルを揃えていきました。

そしてお金もなかったので、

ボウルを売ったはいいが、

購入するためにお金を集めるのには苦労しました。

 

再購入したボウルで和音やメロディーを奏でると、

本当に行った事がない所へ行ったような気分になりました。

それぐらい気持ちが良かったのです。

今でも忘れられないほど気持ちが良かった音でした。

 

僕がこの時思ったことは

 

『音=愛』

 

だったのです。

 

 

つづく。。。

 

 

写真は2010年11月天河神社にて奉納演奏した時のものです。

 

ハートクリエイション今後の予定です。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

五感を磨くファスティング合宿 (半断食)4/20・21・22
https://www.reservestock.jp/page/event_series/28214

 

6/1・2・3 伊藤マナ・高野山リトリート

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28212

夢実現をするために (2)

高校へ入学し、2年生の時に僕は吹奏楽部に入部しました。

さすがにいろんな楽器があって、目移りしました。

 

最終的にフルートを吹きたかったのですが、

女子をフルートは優先されたので、

僕はアルトサックスを選びました。

 

普通はなかなかレギュラークラスにはなれないのですが、

先生が僕の演奏を認め、入部1か月でレギュラーに。

そしてサックスのパートリーダーに。

 

3年生の時は待望のコンクールにもでることができた。

結果は全然でしたが、ほんとうに演奏は楽しく、

貴重な体験をさせてもらいました。

 

その時思ったのは、『このまま音楽の道に進みたい』でした。

 

まず、そんなことは許される話ではありませんし、

僕は高校卒業したら東京の和菓子屋に

丁稚奉公へ行かなくてはならなかったのです。

 

母親には、『どんなところでもいいから音楽大学へ行きたい』と

伝えたのですが、聞く耳も持たれず、

東京の和菓子屋へ丁稚奉公に行くことになった。

 

夢ってなんなんだろう????

人間の夢は叶うものではない。。。

夢は持っては生きられない。

 

まぁそりゃぁ~たくさんの思い込みが

一気にこの時に出来てしまいましたよ。

 

結果的には自分が本気で音楽をしたい!

という信念がなかったことと、

いつも親のせいにして生きてきたこと。。。なんですね。

 

その時に自分が本気で音楽を続けたかったら、

楽器を持って家出してでもやっていたでしょう。

でもその勇気が僕にはなかったんです。

 

でもいろいろな感情解放などで、

宇宙ってすごいなぁ~と思うのは

そのころにほんとにしたかった音楽のことを思い、

またいつかはしたい!という思いが

自分の思い込みなどを解放し、

今ではこんな形で音楽と付き合ってるんだなぁ~と。

 

それは『クリスタルボウル』です。

寝ても覚めてもクリスタルボウルのことを考えてるんです。

クリスタルボウルのことを考えてると幸せなんです(^^)

 

 

つづく。。。

 

 

 

ハートクリエイション今後の予定です。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

五感を磨くファスティング合宿 (半断食)
https://www.reservestock.jp/page/event_series/28214

今年の6/13の高野山リトリートの申し込みの受付を

開始しました~(^^)

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28212

夢実現をするために (1)

僕は生まれた時から

夢を持ってはいけない?

家庭で育ちました。

 

うちはお菓子屋で、僕は長男。

オギャーと生まれた時から

『この子はうちのお菓子屋のあととり息子だ』と

幼稚園のときも小学生のときも

あととり息子というものを背負って生きてきました。

 

2歳上のおねえちゃんが、ピアノをならっていて、

うちにはピアノやオルガンがありました。

しかし、僕がピアノをひくと、

父親から叩かれ、

『おまえはひかんでもええ!!』

と、いつも怒られていました。

なぜ怒られたかというと、

父親から見たら、僕の人生にはピアノは必要なく、

ピアノをひくことよりも

店を継ぐにはもっと必要なことがあると

思ったのでしょう。

なので、家でピアノをひくと怒られるので、
小学校では教室にあるオルガンをひいて、

周りのみんなから、「上手だね!」と言われてました。

自分で言うのもなんですがリコーダーやハーモニカは、

ズバ抜けて上手でしたし音感は良かった方だと思います。

いや、本当に楽器で演奏することが何よりも楽しかったのです。

 

なので、音楽は小学校から中学校まで1~5の評価で5か、たまに4でした。

他の教科は体育以外は全然でしたが。。。

 

つづく。。。

夢実現をするために (2)

ハートクリエイション今後の予定です。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

五感を磨くファスティング合宿 (半断食)
https://www.reservestock.jp/page/event_series/28214

今年の6/1~3の高野山リトリートの申し込みの受付を

開始しました~(^^)

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28212