重荷  

ボロを身に纏い、疲れきった表情の人物が山道を登っています。

 

彼が背負っているのは、傲慢な雄鶏の冠をかぶった暴君。

 

「こうすべきだ」「こうすべきでない」「もっと速く、もっと頑張って頂上へ行き着くんだ!」

 

そう叫んでいます。

 

この山はあなたが登るべき山ではありません。

 

あなたにはあなた自信が征服するべき山があるのです。

 

他人の期待を背負って生きるのはやめましょう。

 

荷をおろして軽くなり、あなたが実現するべき夢の山を目指しましょう。

 

人は知らず知らずのうちに、周囲の期待に応えようとして、

 

今目指しているものが、本当に自分のやりたいことなのか、わからなくなってしまう時があります。

 

自分の中の嘘を見つけましょう。

 

真実を探す必要はありません。

 

嘘を見つけることができれば、残るのは真実だけです。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792