再誕生  

 

心に余裕が生まれればうまくいく。

そう教えてくれるREBIRTHのカード。

このカードは、ニーチェが「ツァラトゥストラはかく語りき」で述べている、
意識の進化、駱駝→ライオン→人間、という3つのレベルを表していると、解説書にありますが、、、、

 

また、疑り深い僕は調べましたよ。

 

解説書では駱駝は「怠惰な妄想の世界のお山の大将」とありますが、これは違います。

 

「ツァラトゥストラはかく語りき」では、駱駝は「我慢強い精神」を表しています。

 

我慢強すぎるために、重荷を背負い、自分の意志が抑えこまれているのです。

 

自ら跪き「どんな重荷がありますか」と十分な重荷を背負いたがるのです。

 

自分の強さを感じたいために、そうしているのです。

 

確かに「己の妄想の世界で自己満足している」と言えるかもしれませんが「怠惰」とは違う印象です。

 

解説書の駱駝についての後半部分、
「あまりにも他人の意見を気にし過ぎて、自分自身のエネルギーはほとんどありません」
ということはあるかもしれません。

 

さらに、左頁では
「この成長のどの段階にいようと、それを許しさえすれば、
それはなにか新しいものへと進化していくのだということに気づいていましょう」
と結ばれていますが、右頁のOSHOの講話は少し違います。

 

これら変化は意識という鏡の前でおこっていることで、
「その成長に意識は一体化はしない」とあります。

 

わけがわかりません(笑)

 

そこで、意識ってなによ?ですが、解説書の次の頁、雲のエースは「意識」です。

 

この雲のエースの右頁に

 

「僕達の本質的な実存は不滅だが、僕達のからだ、
形として現れている僕達は、かならず滅びる。
僕達がそのなかの枠、僕達の家、からだ、心(マインド)は、
物質的なものでできている。
それらは疲労し、年をとり、死んでしまう。
だが、あなたの意識はからだと心を超えたなにか、
あらゆるものを超えたなにかだ。」

 

とあります。

 

つまり、OSHOが言う意識は、今この世を生きる体と心の外側にあるものだということのようです。

 

人間は成長したり、年を取ったり、駱駝のようであったり、ライオンのようになったりするけれど、それは体と心におきていること。

 

「意識」という鏡の向こうでおきているのだと。

 

この変化に振り回されることなく、どの段階でいようとそれは去り、次がいずれやってくるのだということを知っておきなさい。

 

最終的に、左頁の結論と同じなのですが(笑)「意識」の在り場所が違いますよね。

 

そんなことはどうでもいいのかもしれませんが。

 

「ツァラトゥストラはかく語りき」は、神が死んだ世界に超人という存在を問いて歩く男の話だそうです。

 

ニーチェは牧師の子供でしたが、信仰を放棄しています。

 

我慢強く考えない駱駝→己を主張するライオン→自由で無垢で創造性あふれる子供という段階は、ニーチェ自身の変化を表現しているそうです。

 

キリスト教圏からその影響力を注視されていたOSHO。

 

禅タロットが意識の成長として、このストーリーを登場させたことに合点がいきました。

 

以上、カードの解釈からはどうでもいいような内容でした。

 

—————————————————
人間は何歳になろうと、成長し、変化していきます。

 

自分がどの段階であるといって嘆くより、
次への成長を信じて今日の自分を認めましょう。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792