妥協   

 

解説書では日本の政治家と

中国の宦官がごっちゃに書かれています。

カードのメインの意味は「妥協せず挑戦しましょう」。

僕の思い込みかもしれないが、

あんまりこのカードって出てこない気がする。

あと絵柄からインスピレーションがわきにくいので、

みんな、このカードのリーディングを嫌うパターンだ。

なぜならば、このカードは『妥協』だから。

妥協するということには、2種類あります。

 

対立を避けるために、お互い、
もしくは片方が譲歩して妥協点を見出す場合。

 

これは政治的、公的な調停においては必要なことです。
個人的な自分の核、信念を曲げて、他者に阿り屈服する妥協。

 

解説を見ると、
このカードはこちらに対してのメッセージとなっています。
妥協して良いことはありません。
後味が苦いでしょう。ということです。

 

あなたの真実とはなんですか?
これだけは譲れないという信念がありますか?

 

自分の「核」がはっきりしていなければ、自分が妥協しようとしているのかが、わからないのではないかと思ってしまいました。

 

しかし、その部分が定まっていれば、他の部分で妥協することは怖いことではないのかもしれません。

 

何かで妥協しようとする時、
その質をよく見極めることが必要です。

 

譲ってはならない自分の真実、
あなたの核に対して目隠しして
妥協してしまわないように気をつけましょう。

今後の予定です(^^)/

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792