失敗するのは怖くない。 失敗を見られるのが怖いのだ。 

なぜ人は、失敗を恐れるのでしょうか。
つまずいて転んだときを想像すれば、分かります。

つまずいて転ぶと痛いですが、
大したことではありません。
すり傷が痛むかもしれませんが、
ばんそうこうを貼っておけば、なんとかなります。

本当は、転んだ姿を見られるのが、
恥ずかしいのです。
周りに人がたくさんいるほど、
情けない姿が強調され、
恥ずかしくなります。
すり傷より、何倍も痛いのです。

失敗も同じです。
私たちが恐れているのは、
失敗そのものではありません。
実は、失敗を見られるのが、
恥ずかしいのです。

つまずいて転んだ姿を見られるのが恥ずかしいため、
失敗を恐れます。
大勢の人から笑われて、心が痛むのです。

精神的苦痛は、肉体的苦痛より、長く深く傷みます。
では、どうすればいいのでしょうか。

度胸をつける修行だと思えばいい。
恥ずかしさを我慢する修行です。
度胸をつける修行だと思えば、
失敗を見られても、
恥ずかしさを受け入れられるようになります。

恥ずかしいほど、度胸が身につくのです。
見られていいではありませんか。
見られたら、見られたです。
それもまた、成長につながります。

恥ずかしい姿を見られるのが怖くなくなったとき、
とても強くなります。

ハートクリエイションのイベント

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792