反逆者  

反逆者

さて、カードに描かれた男性。
とても力強く鎖を
引きちぎっていますよね。

この鎖は『内なる鎖』を表しています。

つまり
自分を縛りつけているもの、の象徴。

それを引きちぎりなさい
っていうことなんですが、
必ずしも『強くあれ』っていうことではないんですね。

「え?力強い男性が描かれているのに?」
っていう感じですよね。

あなたを縛っている
内なる鎖はなんでしょうか?

「それやっていいの?」
「恥ずかしいです!無理!」
「そんなのやったらダメに決まってるじゃないですか!」

その縛りつけが
強ければ強いほど
引きちぎった時、
人生が変わります!

自分自身のことを知っている者には

ある種のオーラと、ある種の磁力、カリスマがある……。
内なるもののなにかを知った天才たちにはみな、
受け入れられるには少しむずかしいところが必ずある。
天才は秩序を乱す力になる。大衆は乱されたくはない。

自分を知る。

これほど、簡単で、難しいことはありません。
唯一、自分だけには、嘘がつけないから。
頭で「これで満足!」と思っていても、
心が「いや、まだできるはず!」
と思っていると、心と身体のバランスが崩れます。

でも、自分自身を知っている人は、自信がみなぎっています。
ある種のオーラと、ある種の磁力、カリスマがあります。
私はそれを根拠のない自信と呼びますが、
なぜとは言えないけれども、うまくいく自信があったり、
やり遂げるビジョンが見えていたりします。

天才とは生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能。
それに気付いた人はみな秩序を乱す1人になります。
それは会社であったり、政治であったり、コミュニティーであったり。

その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまりが、
おかしいと気付いてしまったとき、
人は反逆者になるのだとおもいます。
それが、悪い方ではなく、良い方に動くこともあります。

明らかに、悪い方向へいっているのにもかかわらず、
流されているだけの人になるのか?

それに気付き、反逆者になるのか?

自分に嘘をついてまでも、流れにのらなくても良いと思うのです。
だから、私は途中で川を変えることを何度も選択してきました。
ベンチャーで社長に楯突く人ってイヤな存在ですよね(汗々)
でもどうしても許せないことがあるんですよね。
話し合っても、結論は「俺が社長だ!」と言って解決してしまう人。

もちろん、それはそうなのですがそれでは解決になりません。
どうせ反逆者になるのであれば、社会を変える!社会を良くする!
そんな反逆者になりたいものです。

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792