幸せや豊かさのある現実 

幸せや豊かさのある現実は、

どんな人の現実にも同時に存在しています。

あなたの「今この瞬間」にも、

幸せや豊かさのある現実は存在します。

今見えてなくても、

それはないということではなく、

それがある現実はあるんです。

その現実に自分の波動や意識をあわせていけば、

自分の現実に幸せや豊かさが見えてきます。

そして、見えればどんどん大きくなるもの。

自分の中にある幸せの種、

自分の中にある才能の種、

自分の中にある豊かさの種、

それらは今の自分にありますから、

そこに気づくことです。

「幸せで豊かな現実を創造する」というのは、

その種をみつけ、育てていくということであって、

人生を思い通りにコントロールすることではないんです。

人生は思い通りにならない時もあります。

起こることは起こる。

起こらないことは決して起こらない。

それが真実で、

起こることのシナリオというものがあります。

「そのシナリオをどんな自分で経験し、生きるのか?」

ということで幸せも豊かさも変わるのですね。

もちろん、

嫌なことはなくすことはできません。

どうあっても嫌なことは起こります。

その嫌なことは、

自分の何かが引き寄せたと考えたりもしますが、

それも大きな間違いです。

それはどうあっても起きたことです。

それはどんなに素晴らしくても起きたことです。

その嫌な出来事を経験すること、

そこに関わる誰かがいるならその人とそれを経験すること、

それは人生の意図として決めたことですから。

それをちゃんと経験するのが大事ですし、

経験することで次に進むことができます。

起こることは起こるし、

それをちゃんと経験することが大事。

だからといってそれによって幸せや豊かさが

なくなるわけではないんです。

で、嫌なこと、特にピンチがあったとき、

人は絶望的な気持ちになります。

「自分にはできない」

「自分は無理」

と思ってしまいます。

でも、この世界で起こることの大前提は、

「そのときの自分に乗り越えられないことは訪れない」

「そのときの自分の最大限のものが来る」

です。

人はピンチを通して、

 今まで気づいていなかった自分の中の才能や能力に気づくもの

です。

気づくというよりも、

強制的にそれを発揮させるという感じでしょうか。

僕の人生はまさにその連続です。

何度も追い込まれてきました。

親の借金を背負い、払い続けたり、

もう、生きていられないほど自己否定したり、

しかし、その都度新しい自分に気づき、

成長していくものですし、

それがなければ成長はできませんでした。

だから思います。

人は皆本当の才能、能力、可能性を隠していると。

自分を限定していると。

そして、それを解き放っていけば、

全然違う自分を知り、幸せも豊かさも大きくなっていくと。

冒頭でお伝えしましたが、

人生は思い通りにはなりませんし、

どんな人間になれても嫌なことは相変わらず起こります。

そして自分に必要な事は

起こることは起こる。

そして、自分は大丈夫!

まずはそのことをしっかりと認識することが大事で、

それでも幸せも豊かさもありますし、

大きくしていくことができます。

それには、

 幸せや豊かさがある現実に自分を合わせ、

 そして閉ざされた自分を解き放っていくことです。

ハートクリエイションの今後の予定です。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792