条件付け 

このカードではライオンが羊に仮装していますね。

「モコモコの毛がないと愛されないんだ」ってなもんでしょうか?

自分自身を取り戻しましょうというカードです。

 

羊の群れの中にライオンがいます。
このライオンは羊に育てられて、自分がライオンであることを知りません。
羊達に同調して、羊の皮を縛り付けられたまま暮らしています。

もしも、このライオンが自分は本当はライオンであることに気が付いたら
今まで共に暮らしてきた羊達と別れなければいけません。
群れを去り、自分の力だけで生きていく覚悟が必要です。

群れの中でやっていくのも、本当は大変だったりします。
羊達は引き換えに安全を得ているのかもしれません。
襲われた時に自分が助かる確率があがるでしょう。

しかし、ライオンはどうでしょう?
自分の身を守り、餌を屠る鋭い牙を持っています。
草原を走り、他の獣を狩る。
それがライオンの本性でしょう。

もしもあなたがライオンならどうしますか?

当たり障りなく、群れの中で暮らすのは安全で幸せでしょうか?
押し付けられた人格でいるのは楽なことでしょうか?

本当の自分の姿を発見して、群れを離れ
自由と責任を引き受けて生きることは辛く苦しい人生でしょうか?

このカードは社会に反逆しろと勧めているのではありません。

他人から押し付けられた人格を、いつの間にか自分の物だと思って暮らしていないか

よく確かめてみる必要があるよ。

条件に縛られて身動き取れなくなってるんじゃない?

その条件は絶対に守らないといけないもの?

よく確かめてみて。  と促しているのです。

 

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792