マスター  

マスターは禅タロット79枚の中で
最も特別で、
最も偉大なカード。

そしてこのカードは
全く別のステージに行くときに出ます。

しかしこのカードは特殊で、番号が振られていません。

禅タロットにだけ存在する79枚目のカード。

大アルカナの23として扱うのだ。

禅の思想が目指すものは、他者に対するマスターになることではなく、自分自身のマスターになること。

行く道を照らす術を自分自身で得ること。

そのきっかけになることは、最初は外側からもたらされるものかもしれないけど。

それに気づくのはやっぱり自分であって、いったん気付いたらもうそこからは内なるエネルギーに突き動かされるように進んでいけるのかもしれない。

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

完成 

このカードが出て自分の中に浮かんだモノは

「答えの全ては未完成。

終わりの始まり、

始まりの終わり。」です。

そして今回のテーマは、

「Completion 完成」

終わろうとしているものにしがみつかないで、

そっと去らせ。

その、空っぽさを味わいましょう。

終わらせたくなくて、

いつも中途半端なまま残しておくことが、

もしも癖になっているなら、

今度こそ、しっかりと最後のピースをはめましょう。

最終回をちゃんと観てこそ、

新しい視界、新しい世界が拓けるのです。

<

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

幻想を超えて 

またしても摩訶不思議な絵柄のカード(゜д゜)

すごくキレイですけどね!♪

自分を取り巻く状況や目に見える現象は

絶えず変化しておりますが、

それにいちいち惑わされていませんかーーっ?

っていうメッセージだ(・ω・)

そう、チョウチョは見ててとってもキレイなんですが、ひらひらと舞ってすぐに飛んで行ってしまう。儚い。

そういった自分の外の物事にばかり関心を寄せてしまうと、振り回されてしまいます。

あれが欲しい、これが欲しい、あぁ今チャンスだったのに・・・

自分の感覚としては、「こうなったらどうしようっ」っていう不安が大きいとき、ついつい目先の利益を欲したり、結果を早く求めてしまったりしちゃいます(´・ω・`)

でもそれがつまり「どうしようっ」っていう外に振り回されてるってことですよねΣ(゜д゜)

「あなたのやりたいことってそれじゃないでしょう?」って言われたような気がしました。ハイ。

外界に惑わされず、自分のやりたいことに気持ちを集中させるのが実は安心への一番の近道なのかもしれませんね(´ω`)

これは夢と現実の唯一の区別です。
現実は疑うことを許し、
夢は疑いを与えません。
疑うことは人類にとって祝福のひとつです。
宗教は疑いの根を根絶しているため、
敵だとしています。
それには理由があります。
説教という幻想を人に信じさせたいからです。
ブッダのような存在は夢で作られているのか儚い。
木はそこにないと言っているわけではありません。
柱がそこにないと言っているわけではありません。
誤解しないでください。
幻想。

それは正しい言葉ではありません。
幻想は存在しません。
現実は存在します。
それはほとんど存在します。
日々、現実とみなすことができます。
究極の感覚のとき、幻想は現実ではなくなります。

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

無垢  

 

老人が子どものような歓びを世界に放っています。

指の上のカマキリとおしゃべりを楽しんでいるようです。

彼の周囲はピンクの花がこぼれ落ちて、手放しの甘美なくつろぎの空間です。

 

子どもの無垢は何も知らない美しい無垢です。

しかし、成長し、世間を知るにつれて、

純真な無垢は不信や疑惑に置き換えられることが多いでしょう。

充分に生きた後に訪れる無垢は

智慧の質と生の果てしなく変化する驚きを受け容れる質があります。

 


人は生まれたばかりの頃も無垢。

不信や疑惑、悩みといった感情も覚えて、

人生の様々な出来事を乗り越え、

一周回って再び無垢になる。

ある人は

このカードを見て、

カマキリにおじさんが怒られてる・・・。

なんて見えた方もいらっしゃいました!

<

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

過去性  

スピリチュアル色の強いカードです。

過去生って前世・前前世・前前前世……のことだそうです。

(極端にいうと前世から)ずっと繰り返しているパターンがあるというわけですね。

潜在意識は魂の記憶・前世の記憶。という説を唱える人もいます。

「来世」とは言いませんが、ご自身の変化は、

子どもや関わる人にまでも影響することは間違いありません。

また「来世」は「明日」に置きかえていいと思います。

一日、一日、人は生まれ変わることができるからです。

存在の両手が女性生殖器、宇宙の母の開口部を形づくっています。

その内部には過去の多くのイメージ、顔が現れています。

生のカルマのパターン、果てしなく繰り返されるサイクル。

これを見てごらんなさいと、この手はあなたへ差し出しているのです。

このヴィジョンには門番がいます。

2匹の虹色トカゲ、「知っている」と「知らない」です。

準備が整わずにこのヴィジョンを見ることは、害を及ぼす場合もあるのです。

トカゲ達はあなたの準備が整っていることを確認しています。

 

このヴィジョンを見て、過去生で自分が有名だったとか、成功していたとか空想しても慰めでしかありません。

大切なのは、これを見ることによって、古いパターンの罠を打ち破ること。

自分の魂に覚醒を促し、今生を、「今を生きる」ということです。

 

カルマのカードです。見るからに暗い彩り。

早く終わらせてしまいたかったカードですが、なかなか引きませんでしたね。

準備が整っていなかったからかもしれません。

また一歩進みましょう、ということのようです。

 

さてさて、どこへ向かいましょう( *´艸`)

 

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

沈黙   

満月の満天に星の輝く夜、その沈黙した鏡の
ような受容性が、霧の立ちこめた下の湖に映っています。

深い瞑想に入っている空(そら)の顔は、深み、平和
そして理解をもたらす夜の女神です。

今はまさに貴重な時です。
内側で休むこと、

自分の内なる沈黙の深みを宇宙の沈黙と出会う
ポイントまで垂直に下ろしていくことは、
あなたにとって簡単なことでしょう。

することはなにもなく、行くところもなく
あなたの内なる沈黙の質はあなたがする
すべてのことに浸透しています。

それが、ある人たちを落ち着かなくさせる
こともきっとあるでしょう。

その人たちは世間のあらゆる雑音や活動に
慣れてしまっているからです。

気にすることはありません。
あなたの沈黙と響き合うことのできる人たちを探すか、
あるいは、独りあることを楽しめばいいのです。
今こそあなた自身に帰る時です。

こうした瞬間にあなたのところにやって
来る理解と洞察は、後になってあなたの生がもっと外に
向かっている時期に、形として現われてきます

<

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

稲妻  

このカードは燃やされ、壊され、

粉々に吹き飛ばされた塔を示しています。

塔から飛び降りている男女はそうしたいのではなく、

他にどうしようもなくて飛び降りているのです。

背後の透明な瞑想している人物は、醒めた意識です。

大きな破壊を伴う変化がやってきて、

あなたは動揺するかもしれません。

しかし、この破壊は重要な必然的変化です。

大火の後、大地は再び豊かになり、

嵐の後、空気は澄み渡ります。

あなたはこの体験の後、以前より強くなり、新しい体験をすることになるでしょう。

これは避けることのできないプロセスだということを理解して、

稲妻に撃たれる自分を醒めた眼で見守っていましょう。

しっかり絵を見ていきましょう。

雷が落ちて人が落下しています。

またうっすらと見えている人影の中心部分には炎がともっています。

カードは「それまで大事と思っていたことが削ぎ落ちて、大切なものがあなたの中に残りますよ」と言っているんですね。

稲妻、それは大きな方向修正をする為に必要で起きるもの。

1+6=7なので、

今までと違う世界に行く時期が来たと言える。

稲妻は決してなんらかの罰や試練などではない。

変化することをこわがる人間に対して、

行動せざるを得ない状況にしてくれているのだ。

雷が落ちると、キノコが育つと言われている。

2倍の収穫量となるらしいので、

あえて人工雷をあてるらしい。

稲妻は、私たちを成長させてくれる出来事だということ。

僕が今日このカードを引いたということは、

今まさに、今までとは違う世界(新しいステージ)へ行く時期であり、成長するための変化の最中であるということです♪

<

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

条件付け 

このカードではライオンが羊に仮装していますね。

「モコモコの毛がないと愛されないんだ」ってなもんでしょうか?

自分自身を取り戻しましょうというカードです。

 

羊の群れの中にライオンがいます。
このライオンは羊に育てられて、自分がライオンであることを知りません。
羊達に同調して、羊の皮を縛り付けられたまま暮らしています。

もしも、このライオンが自分は本当はライオンであることに気が付いたら
今まで共に暮らしてきた羊達と別れなければいけません。
群れを去り、自分の力だけで生きていく覚悟が必要です。

群れの中でやっていくのも、本当は大変だったりします。
羊達は引き換えに安全を得ているのかもしれません。
襲われた時に自分が助かる確率があがるでしょう。

しかし、ライオンはどうでしょう?
自分の身を守り、餌を屠る鋭い牙を持っています。
草原を走り、他の獣を狩る。
それがライオンの本性でしょう。

もしもあなたがライオンならどうしますか?

当たり障りなく、群れの中で暮らすのは安全で幸せでしょうか?
押し付けられた人格でいるのは楽なことでしょうか?

本当の自分の姿を発見して、群れを離れ
自由と責任を引き受けて生きることは辛く苦しい人生でしょうか?

このカードは社会に反逆しろと勧めているのではありません。

他人から押し付けられた人格を、いつの間にか自分の物だと思って暮らしていないか

よく確かめてみる必要があるよ。

条件に縛られて身動き取れなくなってるんじゃない?

その条件は絶対に守らないといけないもの?

よく確かめてみて。  と促しているのです。

 

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

統合  

 

 

二元性。

陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、

互いが存在することで己が成り立つ考え方。

男と女

太陽と月

明と暗、、、

いろいろありますが、それはどちらかでは成り立ちません。

必ず、どちらも共存して成り立っているわけです。

統一された全体を創りだすために。

だから、どちらがいい、悪いはありません。

どちらもなければならないものです。

2つの持ち味を活かせる人は、融合されて新たなものを生み出せる

力を持つのだと思います。

なんとも不思議なカードです。

「相反するものを統合する」という意味。

顔の半分は青くて、半分が赤く、イヤリングは太陽と月、顔の脇の空間には鷲と白鳥。

手には陰陽をしっかりと固めるように持ち、そこから光が放たれています。

尾を飲むウロボロスの蛇。

今日は、相反するもの、2つのものを統合して、新しいパワーを生み出しましょう!

 

 

 

半分半分の顔…

古いですが、キカイダーってご存知です???

 

え?どんなかって?

(キカイダーより)

半分正義の味方で半分悪者なんですよ(^.^)

人造人間キカイダーのストーリー

 環境破壊を食い止めようとして殺された息子一郎の意思を継ぐため、

殺されることのないロボットの戦士を作り始めた光明寺博士。

しかし、その資金を提供したプロフェッサー・ギルはロボットによる

世界征服をたくらむ悪人だった。

ロボットは命令のままに善悪の判断もなく犯罪を犯してしまう。

ならば、自分で善悪を判断できる回路をロボットに組み込めばいい。

こうして、光明寺博士は一郎に似せた人間型ロボット、

ジローに良心回路を組み込んだ。

しかし、良心回路は完全ではなかった。

起動実験で目覚めたジローは半分が赤、半分が青の不完全な状態で目覚めてしまった。

しかも、実験中にプロフェッサー・ギルが放った

グリーン・マンティスによって光明寺博士はさらわれ、

ジローは何もわからぬままに世の中に出ることになってしまう。

父からあらかじめ事の次第を書いた日記を受け取っていたミツコは

ジローを探し良心回路を完成させようとする。

良心回路のために人間に近い感情を持つようになったジローは

ミツコに恋心を持つようになってしまう。

プロフェッサー・ギルのロボットを操る笛の音と

良心回路の働きの板挟みに苦しみながら、

ミツコとともに光明寺博士を探す戦いの旅に出かけるのだった。

 

 

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792

 

変容   

幻想を超える
限界を超える
二元性を超越する

すべて、今僕たちの前にあることを受け入れる

何にも判断することなく、ただここに居る

理性も心(マインド)も消し去って、ハートで受け入れる

なかなかできることではないかもしれません。

理性も心(マインド)もしぶとく生き残ろうとしますから。。。

でも、これもただのクセです。

だから、きっと消えていきます。

そして、必ず「八万四千の扉」が開きます。

タロットは0番から21番まで

ナンバーがふられているカードがあり、

死神は13番のカード。

最後の21番ではなく13番というカードは、

死が最終ではないと解いていると言われています。

だから、変容とも言い換えられるのだと思います。

【変容】
姿や形が変わること。姿や形を変えること。

変わりたかったら、変えること。

<

ハートクリエイションの

イベントは下記をご覧ください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4792